RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (11/15)
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    小出斉 (11/09)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (02/11)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    愛知屋弦光 (02/04)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    おかだりょう (02/04)
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 10/31渋谷のハロウィンで仮装ゼロの大行進!!〜奇跡的に危なくなかったほのぼの初ラママ(笑)〜 | main | 11/5いつかの空のように5日の空は晴れて引退!?からのパエリア!! >>
11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
0
    20191107_2581805.jpg
    11/3(日祝)阿佐ヶ谷OIL CITY
    SPECIAL BLUES NIGHT
    小出斉&石川二三夫
    O.A.:はいからトリオ/MAUDIE

    何ヵ月ぶりかの阿佐ヶ谷オイルシティ、このオープニングアクトもなにげに定着しつつあるような感じで当初は気に入って下さっていた御大・小出氏もそろそろMAUDIEに飽きてきた頃(とっくに?)ではないかという焦燥感さえある秋の陣でございました笑笑笑

    20191107_2581807.jpg
    はいからぼ〜いずならぬ、はいからトリオ。つまりは三人編成に縮小しつつも内容はほぼいつも通りのはいから節に、ゲストとしてドラゴン板谷氏のハープも加わり最後はやっぱり責任者出てこーい!(いつも最後にやる曲はこの曲かもう一つ別の曲のどちらか、と山本さん言ってましたが別の曲って何だったのか気になっています)
    20191107_2581809.jpg

    20191107_2581811.jpg
    そして大御所お二人のぶるーーーーーーすナイト!(ていうフリをいつもやる)今回も流石としかいいようのない名人芸の数々、ギターといいハーモニカといいブルースの技術の粋がここに集大成となっている濃いい濃いい濃厚なツーステージを今回は全て最前列(の脇のところ)でたっぷりと堪能させて頂きました。目ならぬ耳にさんざん焼きつけておけば自然とこのテクニックが自分にも身に付くかもしれないという希望的観測のもと幸せな時間でもありました。今回もありがとうございました。

    1.Tomorrow Will Be Glorious
    2.格下音頭
    3.Zero Zero March
    4.のってません
    5.引退撤回

    この日、小出さんが話してくれた初めて買ったブルースのレコードの話、それがいつ頃のことなのかわかりませんが(ブルースのといわず全てにおいて初めて購入したものなのかも)このアルバム、いずれにしても私が手にしたのはそれよりずっとあとの事、それもCDになってからの話ですが、そのCD、奥の方にしまってあったもの、ていうか実は長年聴かないのでもうディスクユニオンに売っちゃおうかなと思ってた(失礼)というこちらですです↓

    20191107_2581813.jpg
    1960年11月15日発売、ということはまもなく59周年ですね。
    「MUDDY WATERS AT NEWPORT」

    収録は同じく1960年の7月3日に有名なニューポート・ジャズフェスティバルで、当時既に権威あるイベントだったとみえ音と並行して映像もほぼ全編残っており、アルバム聴きながら一緒に映像見ることもできるというのが興味深い、ですが、それって今だったらYouTubeで動画見りゃいいだけの話でこのCDなんか要らないとか思われちゃうけど、やっぱりモノとして残ってるのとそうでないのは大違い。このジャケットのヴィンテージ感はなんともいえない風情がありますよね。もっとも私的にはこのジャケットの古くさい感じが好きじゃないのと最後にマディが「Goodbye,Newport」と言うところが寂しい感じで好きになれなくて長年聴かずに売ってしまおうかと思ってた理由です。それを一夜にして根底からくつがえしてくれた小出氏、さすがです!
    今回のオイルシティで披露されたのはこれの1曲め「I Got My Brand On You」俺の焼き印押し付けてやるぜ!てな感じの恐ろしい曲と、真ん中あたり(CDの場合は)に入っている「Feel So Good」何が気持ちいいんだかわけわかんない、MAUDIEより何言ってるかわかんない(by小出さん)の2曲でしたが、私的にこの中では「Tiger In Your Tank」ていうアップテンポな曲が好みです。これの曲単位での動画もありますよ。アルバムとほほ同じフルサイズの動画もありますが。あと先述の「Feel So Good」はむかし90年代に「すし」っていう日本のブルースバンドが日本語カバーやってましたね。それにしてもこのニューポートの動画見てて思うのが、あのマディ・ウォーターズが演奏してるぞウォーっ!て観客が熱狂してるわけでもなく、確かに人は多いけどみんなイスに腰かけて、ボーッと眺めてる人もいれば多少ノリのよいお客さんが軽く手拍子してる程度で、なんかまるで普段の我々、つまりMAUDIEだとかの底辺の格下クラスがライブしてる時の観衆の反応とよく似てたりもして「いやぁまさか」なんて不思議な気持ちにさせられます。ジャズを聴きに来た人が「なにこの人?」てな具合なのかなと。白人ばかりだし1960年当時だと黒人蔑視もあったのかな?という気が致します。
    さらに以前から気になっているのが、このTiger In Your Tankの歌詞ですが「お前の戦車に虎を突っ込んでやるぜ!」ていうのはいかにも下ネタ的な隠語のように思いますが、厳密な意味はわからないので本当は今回のライブ終了後に小出さんに聞きたかったのと、二三夫さんにはハーモニカのリードの調子が悪い(特に五番の吸う音が出にくい)のでメンテナンス方法を教わりたかったのですが、どちらもちょっとおそれ多くなってしまい聞きそびれてしまいました。次の機会は勇気をもって聞いてみたいと思います。いずれにしろこのAt NewportのCD、ユニオンに売るのはやめました。良い機会を与えて頂き小出さん二三夫さん、お二人に感謝致します。ありがとうございました。
    | - | 19:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    小出さん、ありがとうございます。当時の世相が反映されていたなんて知らなかったです。
    とても参考になりました。感謝致します。またライブなどでご一緒させて頂くこともあるかと思いますが何卒宜しくお願い致します。何よりブログ読んでいて下さったことが嬉しいです!!!
    | MAUDIE / 松田慎吾 | 2019/11/15 10:21 PM |

    マディのタイガーの件は
    当時「タイガー・ガソリン」ってのがあって
    「put a tiger in your tank!」っていうのがキャッチコピーだったことから、あの曲が生まれたそうです。
    タンクは戦車じゃなくて、車のガソリン・タンクね。
    | 小出斉 | 2019/11/09 8:59 AM |










    トラックバック機能は終了しました。