RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (11/15)
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    小出斉 (11/09)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (02/11)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    愛知屋弦光 (02/04)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    おかだりょう (02/04)
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 10/3「とうさんの日!」〜引退ロックの父MAUDIEもいつか父さんみたいに!?〜 | main | 10/15&10/17「ハンサムとコンパスの日!」〜色男に誘われて引退ロックの指針ついに定まる!?前時代的アプローチが逆に新しい???〜 >>
10/10「とうとう六匹め!のすいーとりざーど」〜引退前にキレッキレのラストメッセージ結局は撤回!?
0
    20191012_2562654.jpg

    2019/10/10(Thu.)
    B.B.Q. rave kitchen Mediterraneo Casa Tsudanuma
    (メディテラネオ津田沼)
    「SWEET❤LIZARD 6匹目」
    タイムテーブル(敬称略)
    18:00〜18:30 DJ新風
    18:00〜19:00 ズレー汰
    19:00〜19:15 YURIE【LIVE】
    19:15〜19:45 AJI
    19:45〜20:00 津田新風【LIVE】
    20:00〜20:30 インディゴ
    20:30〜20:45 舞香里【LIVE】
    20:45〜21:15 Dr.Maruzilla
    21:15〜21:35 only my ideal color【LIVE】
    (転換5分)
    21:40〜21:55 MAUDIE【LIVE】
    21:55〜22:25 LambdaCracker
    22:25〜22:40 チヒロック【LIVE】
    22:40〜23:10 DJ.TAKA!
    23:10〜23:25 平日医長【LIVE】
    23:25〜23:55 Ryudai
    23:55〜00:25 MAHIRO
    00:25〜01:00 Free

    20191012_2562662.jpg
    すっかりおなじみになりました「歌う爬虫類」yurieさんの定例イベントに前回7月からの連続出演となりました。タイムテーブルご覧のようにライブが多めでメディテラらしくない(笑)ですがこれも人徳のなせる業ともいってよく、観覧のお客様も集まり場内満杯でした。自らシャンパンの振る舞いもありましたし、皆に愛されるyurieさんらしい賑やかなイベントでございました。こないだDJやってたMaiさんの舞香里のステージも観れたし(I'm Proudを歌ってたので「あれ?かぶってる」と思いましたけど笑)、よくこのイベントでご一緒するチヒロックさん(写真下)、なぜか見るたびに良くなっている(失礼ですが)気が致します。実はここメディテラにはチヒロックさん御用達オリジナルカクテル「チヒロック」が裏メニューにあるとか。今回時間が足りなくて飲んでませんが次の機会に。ライブの最後にブランキーの「ディズニーランドへ」のことを話していて懐かしかったです。
    20191012_2562656.jpg

    20191012_2562658.jpg
    ちなみにこの青いのは私が今回たまたま特別に頼んだお酒です。何を何で割ったかよくわからない仁さんおすすめの特製カクテルですが、これを「MAUDIE」と名付けてよいのかどうかはまだ未確認。少なくともこれ、有名なブルーハワイではないようです。そして、その下の床にあるのは23時台のまさにMAUDIE帰れ!タイムにライブを行った(そもそも主宰のyurieさんがこの時間の出演予定だったのを事情により差し替えた)平日医長さんの使っていたエフェクターです。平日医長さんのオペ(演奏)の途中までは居られましたが例のごとく電池切れでまたも写真は撮れなくなったので代わりにこの一枚にて。医長さんベースの弾き語りなのですが「うちの息子がケチャップを反対向きにして踏んづけた(だったかな?いやたぶん違うと思います笑)」という英語の曲が面白いです。残念ながらいつもの23:21に帰りましたが次回は是非もっと見たいです。

    20191012_2562664.jpg
    ちなみに平日医長さんの姿を見てDJのLambda Crackerさんが「まるでコレみたい」とスマホ検索画像を見せてくれたのが上の写真にあるジャケット、RAINBOWの「DIFFICULT TO CURE」(アイ・サレンダー)です。ライブ写真なくて申し訳ないのですが、こういうお医者さんの手術のカッコして演奏するのです。一緒に並んでるのは「ディズニーランドへ」が入ってるTHE BLANKEY JET CITYのアルバム「BANG!」どちらも昔よく聴いた名盤でございます。今回もありがとうございました。ちなみに下にある私のライブ写真は若き巨匠(!)津田新風氏によるものです。彼は叙情的な歌に加えて文章力もあり、そして写真も上手いです。以前もすごくいい写真頂いてますが今回のこの下にあるタオル頭上に投げてる「♪のーってるかーい?ぜーんぜーん笑」(元ネタはもちろん大御所のあの方です。申し訳ございません)のときの動きのあるショットはけっこう貴重なので今後も拝借させて頂きたいと思います。twitterにレビューも載せてくれていましたが今回のMAUDIE(松慎)はかなりキレッキレで声の張りもあって凄い!と書いてありました。ライブレビュー書いてもらったこと滅多にないし誉めてもらえるのもレアなので感謝致します。皆さまありがとうございます!!!
    20191012_2562660.jpg

    1.Rocky Top
    2.Sail Away
    3.のってません
    4.引退撤回

    B面コーナーは平日医長さんへのオマージュとしてこちらです↓


    1981年発売、RAINBOWのシングル「I Surrender」

    この曲、先述のお医者さんジャケットのアルバムからのシングルカットでとても有名ですがシングルになったの日本だけらしいですね。このジャケットにはリッチー・ブラックモアの写真が使われていますが、なんといってもレインボーのアイサレンダーといえば医者!のイメージ強いです。昔うちの姉が「レインボーのアルバムジャケット怖いよ」と話してたことがありましたがまさにこれのこと。私がこの曲初めて聴いたのはラジオの文化放送で、バンバンことばんばひろふみさんがやってた「オールジャパントップ20」ていう洋楽チャート番組です。オールジャパンていうわりには洋楽専門だったんですけど、その姉からの話を聞いて実際にジャケットをレコード店で見かけて「ああこれか」と思った矢先の事だけにあの不気味なお医者さんの並んだ写真がこれのイントロを聴いたとき思い浮かんできてレインボーってなんか過激でおっかないな〜なんて思ってましたが、後になってこれはバンドの歴史の中では後期にあたり、初期の王道ブリティッシュハードロックから徐々にアメリカナイズされてポップな作風になり、ファンからは賛否両論の渦巻いた作品であることを知りました。ジョー・リン・ターナーのボーカルがいかにもアメリカンロック的歌い回しなのに対してエンディング近くなってリッチーの泣きのギターが絶妙に絡んでくるところが日本で大ウケした要因ではないかと。ちなみにあとこれ、何年か前に空耳アワーでも使われてましたが、会社の宴会芸でOLたちが踊ることになって「朝練だ〜朝練だ〜君の苦労は見てんだ〜」と踊りの練習を上司が陰で見守るという空耳ビデオがなかなか感動的でした(笑)。
    B面は「Maybe Neyt Time」ポップなA面とは対照的にいかにもレインボーらしい様式美インストナンバーでこちらも有名です。ドイツ語の副題が付いてるところがクラシックを意識させますね。
    ところで「ポップ」という表現、最近ではオヤジギャグのことをこう呼ぶらしいです。MAUDIEももっと頑張らないと人に愛されんだー、というようなしょうもないギャグは私のような古い人間の言うことだからどちらかといえばクラシックの部類(昔のロックがクラシックと呼ばれてるのと同じように)かと思うのですが。以上いつまでも旧態依然のクラシカルなB面コーナーでした。このブログも(ていうか私のSNS全体的に)しょうもないダジャレばかりで「ポップ」ですが今後ともよろしくどうぞ!!!!!!
    | - | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。