RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (11/15)
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    小出斉 (11/09)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (02/11)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    愛知屋弦光 (02/04)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    おかだりょう (02/04)
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 6/12「ろうどうじんの日!」〜仕事帰りのチキン祭りでチキン野郎MAUDIE追い帰しチキン食べながらの帰り道! | main | 6/17&23「同じ穴のムジナのロックにいさんの日!」〜戻ってくる人旅立つ人も一堂に素敵なDJ兄さんが集まる三周年! >>
6/16「むじゅうりょくの日!」〜変態&きちがいだらけの異次元宇宙空間にシュッと吹きフワッと浮く!?
0
    20190623_2481683.jpg
    6/16(日)新松戸FIREBIRD
    「第二回 YOSHIO祭」
    "あの時を決して忘れない”
    OPEN 12:30
    START 13:00

    【似顔絵ブース】
    ・ツチヤヒトミ

    【FOOD】
    ・ショーヘーカレー

    live
    13:00-13:25 狩野竜士
    13:30-13:55 James
    14:00-14:25 MAUDIE
    14:30-14:55 ツチハシノブユキ
    15:00-15:25 大谷貴広(ヘルメッツ)
      (YOSHIOと談笑)
    15:40-16:05 沼田謙二朗
    16:10-16:35 ムッシュ
    16:40-17:05 Munenoleere
    17:10-17:35 ダイヤ・ピアノ・サンタ
    17:40-18:05 Haruka
      (YOSHIOと談笑)
    18:20-18:45 Rife on the Lock
    18:50-19:15 シュウジゲンノウズ
    19:20-19:45 性闘士☆準矢
    20:00-20:25 大統領とホワイトハウス
    20:30-20:55 YOSHIO

    20190623_2481685.jpg
    世界的ケーナ奏者YOSHIOさんが骨折して松葉杖をついてたのが一昨年のこと、実はあの時の経緯は詳しく知らないのですが、この日トップで出演したかりの氏が当時スタッフの仕事で入ってたため、詳しく説明していました。要はこのFIREBIRDの中で転倒して膝の骨を折る重傷を負い病院に運ばれたとか。倒れたとき現場にいた人、搬送されるときに立ち合った人、一緒に病院まで行った人なども一同に会し、2年前のあのときを「決して忘れない」集会という主旨のようです。ご覧のように写真もギャラリー展示されていました。私は「あの時」には立ち会っていないものの、数日後に共演はしています。松葉づえにギブスのYOSHIOさんを見て「あれ、どうしたんだろう」と思ったのをよく覚えています。南米コロンビアのLa Pulpaというグループが来てた時ですね。

    20190623_2481695.jpg
    総勢15組という長丁場、私は全部見させて頂きました(上の写真は性闘士準矢さんとムッシュさんYOSHIOさんのコラボ)。それも全員ほぼ全曲聴いたはずです。その結果正直思ったことは「疲れました(笑)」YOSHIOさんに縁があるということ自体、FIREBIRDの常連が集まるということと同義になるため、濃いいメンバーが集まるのは必然。それも15組のうちの半分以上はYOSHIOさんとセッションしたり踊ったりの絡みがあり、膝に負担かける動きを強要して再度骨折させようという目論みまであったりして本人も大変だと思うのですが、転倒したのがここではなくプライベートの場であったとしてもこうして皆に愛され手荒い祝福をされたりするに違いないし、それを受け入れる度量の広さ、体も大きいけど心の器も本当に大きな人ですね。長々と書いてもきりないので、とりあえず写真を載せます。
    20190623_2481699.jpg
    20190623_2481697.jpg
    20190619_2478462.jpg
    20190619_2478464.jpg
    20190619_2478466.jpg

    20190623_2481689.jpg
    多くの出演者のなかでひときわ光っていたダイヤピアノサンタさん、なんか大道芸人みたいにステージングも型にはまっててヨーデルが得意なのですが、ピアノも凄腕だけどオールディーズやカントリーにぴったりな歌声が特に素晴らしかったです。ジェリー・リー・ルイスの火の玉ロックなんかも歌ってました。この日唯一、所用(他所でライブかな?)のため先に精算を済ませて途中で帰ったのもこの人ですが、これだけ長丁場だとそれもありかもね。なんて思いました。圧倒的存在感見せつけてサッと帰るなんてズルすぎだけど、この日に限ってはアリだと思いました(笑)。

    20190623_2481687.jpg
    この日の裏MVP(失礼)はなんといってもコレ!スタッフしょうへい氏が二日間かけてじっくり煮込んだという「ショーへーカレー」です。柔らかい牛すじとインゲンなどの野菜がゴロゴロ入って熟成したルウの旨味との調和が素晴らしくよかったです。惜しむらくは一杯500円ながらご飯茶碗ぐらいのミニサイズで量が物足りない感はありましたが、また食べたいと思わせるには充分のお味でございました。

    20190623_2481691.jpg
    そしてさらに私の中の真のMVPはこちらの似顔絵コーナー。ツチヤヒトミさんという方が一枚500円で出演者、スタッフ、お客様(もちろんそれぞれ希望者のみ)の写真をその場で撮ってこのようなやんわりタッチの似顔絵を書いて下さるのです。似顔絵と聞いて目ん玉ひんむいたようなドギツイのを想像してましたが、そういうのだったら頼まれてもお断りだけど、これなら絶対アリだなと。この日の濃いい濃いい出演者に挟まれ若干四面楚歌気味でもう自分はついていけない、ダメだ本当に引退しようと思っていた矢先、あのJAMESさんがわざわざ私のところに来て「MAUDIEさんの似顔絵、すごくカッコいいよ」と言ってくれたので、そもそもそんなこと言う人じゃないはずなのと、さっき頼んでおいた似顔絵が出来たんだな、と、その時は漠然と思ってたのですが、Barスペースの脇にあるテーブルに置かれていたこのMAUDIE似顔絵を見て、この日の苦痛に満ちた思いが癒されたというか、あまりこんなこと書くとYOSHIOさんに見つかってまた「申し訳ありません」と言われてしまいこっちが逆に申し訳なくなるのですが、まあとりあえずはこれが本日最大の収穫(カレーの味も忘れられない)として、これは大事にとっておくことにします。もちろんダイヤピアノさん以外にも素晴らしい演者さんたくさんたくさんいましたが今回あまりに多すぎて書ききれませんので「申し訳ありません」

    20190619_2478460.jpg
    そして本家本元「申し訳ありません」のYOSHIOさん、もちろん15組めの大トリ、このようにレッドステージを椅子で取り囲むシチュエーションはなかなか見られぬ光景で、ご本人が言う通り本当に新興宗教みたい(笑)。私は座る場所を失ったため、YOSHIOさんが自身の出番のとき以外に座る定位置の物販席(もしくは解説者席?笑)のところに追いやられ、さすがに「YOSHIOシート」に腰かけるのは恐れ多いためにしばらく立って観てたんですけど、最後はアンコールもあったし、さすがに14組(つまりMAUDIE以外)を見続けた疲れもあってか栄えあるYOSHIO席にところどころ座らせて頂きました。重ね重ね「申し訳ありません」wwwwww

    1.引退撤回
    2.無名人
    3.Zero Zero March
    4.のってません
    5.Monster Smokestacks

    B面コーナーはもちろんYOSHIOさんにちなんで。氏が若かりし頃にこの曲でケーナを吹くように友人に強要されたという因縁の一曲がこちらでございます↓

    20190623_2481693.jpg
    1990年11月発売、TUBEのボーカル前田亘輝ソロ初シングル「DAME」

    この曲、私としても非常に印象深いです。特にYOSHIOさんみたいなエピソードはないけど、TUBEの前田さんの物まねで一番使いやすいと思われる(個人的見解)のがこれの「だめよだめだめ男は〜」っていうところ。ここんとこだけ聴くと和田アキ子さんにもよく似てますよね。当時は有線でもよくかかってて、この頃友人と麻雀してて雀荘でよく耳にしたのを覚えています。今回もライブ当日にYOSHIO攻略本(オレンジ色の表紙=通称はなくそ本、あ失礼違います笑)を読んでたらそのケーナ吹かされたエピソードが書いてあるのを見つけてさっそく直後の自分の出番のときにこれの替え歌ネタを使わせていただきました。という新たなエピソードが29年後の今に刻まれたということで。あと、今にして思うのは「ダメよダメダメ」が20年以上も時代を先取りしていた(わけではないけど)のに加えて、そのあとの歌詞で携帯電話という言葉が1990年の時点で早くも使われていることに驚きです。1990年は平成2年、携帯は殆ど普及しておらず、あってもかなり高価だったはずなので、彼女のためにお金かけてそんなもの(当時としては)持ってるような男はダメだ!と訴えているのが時代を表してますね。B面は「We Got Music」という、これも当時の世相がよく現れてます。ですがこちらはバンドブームを批判など、ロックしか知らない若者(確かにこの頃はそうだったかも)をディスる自虐ならぬ他虐、なのでB面向き、ヒット性がなくTUBEだったらあり得ないような歌詞でこんな一面もあるのね、的なある意味魅力的です。この音楽批判的アティテュードはYOSHIOさんにも合い通じるものを感じます。もっともあの方の場合は本来ロックが好きでありながら南米音楽に開花しているので、ロック批判とは逆ですけど、いずれにせよYOSHIO氏の原点はこのシングルだったのではないでしょうか???と、うまくつながったところで、今回はこのへんで。
    次につながるブログ記事になったでしょうか。骨は折れてもやがてつながる。そして皆と心もつながる。心は折れたら二度とつながらない、そして誰とも心つながらない。骨折り損のくたびれもうけ。疲れました(笑)。しかし、あれから一週間、心折れかけたけど、つながらなかったはずのものがつながったりもしてTUBEじゃないけど夏を待ちきれない心境でもあります(何だそりゃ)。またお会いしましょう!!!!!!
    | - | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。