RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (11/15)
  • 11/3ブルースという文化を見直す日!〜はいからな大御所の前にMAUDIE完全玉砕!?〜
    小出斉 (11/09)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (02/11)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    愛知屋弦光 (02/04)
  • 1/20「ひとにれいの日!」〜初めて会う人に礼を尽くし礼に始まり無礼なDISに終わる恥さらしな21分!?〜
    おかだりょう (02/04)
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 5/26,27&30MAUDIE5月末プチ引退からの「ごみゼロの日!」〜正直更新しんどい(笑)〜 | main | 6/12「ろうどうじんの日!」〜仕事帰りのチキン祭りでチキン野郎MAUDIE追い帰しチキン食べながらの帰り道! >>
6/5「むごい日!」〜水面下の力関係で惨たらしい思いするのはもう御免との思いを無言のうちにアピール!?
0
    20190611_2472208.jpg
    6/5(水)
    新松戸FIREBIRD
    "愛こそすべて"

    ACT
    ・たかはしとよかず
    ・THEボニクラマン
    ・YOSHIOと遊ぼうブラザーズ
    ・Rife on the Lock

    【レッドステージ】
    ・Marin(Opus.0)
    ・MAUDIE
    ・James
    ・田中雅紀

    【DJ】
    ・MrBLACK

    open 18:00
    start 18:30

    18:30-18:50 たかはしとよかず
    18:55-19:15 Marin(Opus.0)
    19:20-19:45 THEボニクラマン
    19:50-20:10 MAUDIE
    20:15-20:40 YOSHIOと遊ぼうブラザーズ
    20:45-21:05 James
    21:10-21:35 Rife on the Lock
    21:40-22:00 田中雅紀

    ジメジメとした梅雨入り目前、夏を前にして何かと思うようにいかないことばかりなのが6月という気が致します。表題に深い意味はないので気にしないで頂きたいのですが(笑)、あまりグダグダ書きたく ない心境なのでここは6/5にちなんで無語に徹したいってそれじゃブログにならないでしょうがー!?

    20190611_2472210.jpg
    毎度ながらもっと早く着きたかったよー(泣)。私に握手まで求めてくれた高橋とよかずさん、もう何度もご一緒してるOpus.0のMarinさん見逃して悔しい思いで撮ったこの写真、三番目のボニクラマンさんも逆光でこんな感じですが申し訳ございません。

    20190611_2472212.jpg
    YOSHIOと遊ぼうブラザーズ、毎度ながら即興演奏でタイトルもその日決めてメンバーからダメ出しくらうこともあるそうですが、3曲めあたりで「レインボーマウンテン」ていう缶コーヒーみたいな題名(南米には実在するらしい)のとき、ドラムのダイゴさんも写ってる全体写真撮っておいてそれ使おうと思ってたら、誤操作(ていうかなんかスマホのほうがおかしい気がする)で、消そうと思ってたこの写真が残りそっちが消去されてしまいました。うまくいかないことばかりで情けなや・・・

    20190611_2472214.jpg
    JAMESさん、最近やたらMAUDIEネタを使ってくれちゃうので嬉しいやら何やらで、次なる展開にまで発展してしまいました。後日またお知らせしますが、そんな日本人のツイッターとかFacebookで言うことは大概がどうでもいいことでーーす!!!ドカーン(爆発音)
    ♪Nobody Cares!
    (この曲少しパクって歌ったらミキサーの斎藤さんが笑ってた)

    20190611_2472216.jpg
    Rife on the Lockも久々の対バン。お客さんにフランス人の家族連れみたいな人たちが来てました。そういえば林イッペー氏が以前やってたH.EATというバンドは年間400本ライブでギネスブックに挑戦してフランスのTVにも紹介されたという経緯があり(その時MAUDIEもバンドでしたが浅草KURAWOODで一度対バンしました。イッペー君がH.EATのメンバーだったことに気づいたのは今年になってからの話ですが笑/下記参照)、もしかしてそのときの関係なのでしょうか?あのギネスブック挑戦は確か2011年のことで、震災の影響でライブ中止も相次いだ時期だから年に400回を成し遂げるのは大変だったと思うのですが、その対バンのとき場所が浅草なのに「横浜!横浜!」と叫んでいた(毎日ライブしてるから場所の感覚が麻痺しているように見えた)ベースボーカルの人と、本番前に少し話しましたが心労のせいか部分白髪も見られ、疲れた様子でもあったドラムの人はしばらく音楽の世界から身を退いていたそうです。完全燃焼したということなのでしょうか。今年になって再結成ライブをしたときのSNS記事を見つけて「あ、あの時の」となったのが上記のことに気づいたきっかけでした。

    20190611_2472220.jpg
    トリは今回も田中雅紀さん。クールな人柄に似合わず、ある曲が終わったあと突然ピョンピョン軽快なジャンプをし始めたので??と思ったら、サウンドホール(アコギの真ん中にある穴のこと)のなかにピックが入ってしまい取り出そうとしてたようです。本人もこの動きがMAUDIEのチャントに似てると思ったらしく「田中、帰れ!」といってました(笑)。

    20190611_2472218.jpg
    今回もいろんな意味で喜びも怒り(なぜ??)も入り交じってのレッドステージでしたが気づけばこの日で新松戸FIREBIRD初登場からすでに3周年(笑)。実感わかないけどこれからも宜しくどうぞ!写真はその記念と怒りをこめての(笑)ニュー物販でMAUDIE帰れ!の元ネタになっている15年前のファーストCDを今さら売りに出すとはなんと姑息な!!次回は6/16第二回YOSHIO祭でお会いしましょう。私は第一回は出てないので初めてということで楽しみです。

    1.Too Much Audition
    2.引退撤回
    3.のってません
    4.Monster Smokestacks


    B面コーナーはYOSHIOと遊ぼうブラザーズの熱いセッションにちなんで(ちなんでないか笑!?)こちらです↓

    20190611_2472222.jpg
    1980年12月発売、ジェフ・ベックの日本限定シングル「El Becko」

    題名がなぜかスペイン語なのもなにかYOSHIOさんとの浅からぬ因縁を感じずにはいられません(笑)が、この曲、ずーっと昔にラジオで聴いてから題名がわからぬまま、つい先日BOOK・OFFでCD見つけてやっと判明したという私的には永年謎だった因縁があるのです。ラジオで聴いたというのは当時のジェフ・ベックの来日公演決定を知らせるCMでした。つまり、ジェフ・ベックの曲であることだけは最初からずっとわかっていて、曲名だけが長い長い間わからずで現在に至っていたのです。チョーキングを効かせたギターフレーズは特に印象的で少年時代の私の心をくすぐったものです。これを収録しているアルバム「THERE AND BACK」の黒地に白文字のジャケットも昔見た記憶があり懐かしいです。1曲めの「Star Cycle」は昔、新日本プロレスの次期シリーズ外国人選手の紹介の時にかかってた曲で、これを聴くだけでハルク・ホーガンやアンドレ・ザ・ジャイアント、ボブ・バックランドにディック・マードックらの顔が自然と思い浮かんでくるのですが、やはり題名はずっと知らぬままでした。20年前にMAUDIEがかけ出しブルースバンドの頃、懐かしい船橋の「無国籍料理・月」でジャムセッションの顔なじみだった先輩バンドが「スピニング・トーホールド」と続けてこれやってたのも思い出します。
    このシングル、さっき書いたように来日決定に合わせて日本だけで出したものと思われるのですが、世界基準としてはこれのB面「The Final Peace」がTHERE AND BACKからの唯一のシングルとしてカットされたようです。これはアルバムのラストに入っててギターとシンセの掛け合いみたいな静かな曲なのですが、いずれにしてもインスト=全てが即興演奏とは限らないにしても、タイトルは即興の思いつきが多いのではないかと?加えて曲は知ってるけど題名わかんない、最近になってやっと知った、が多いのもインストの特徴ではないでしょうか?そういう意味で思い付きとはいえ印象的な題名をつけることを課題としているYOSHIOと遊ぼうブラザーズのコンセプトは正解なのかもしれません。と、うまくまとめてFinal Peaceを埋めたところで今回のブログ完成といたしましょう。重ね重ね言いますが今回のタイトルは深い意味ありませんのでお気になさらず。それにしてもジェフ・ベックさんて変わらないですね。70歳過ぎた現在の写真見たけど、80年代当時から既にヤードバーズやジェフ・ベック・グループの60年代の頃と全然変わんないって言われてたのにあれからとんでもなく長い年月流れてもそれでもいまだに変わんなーい!こういう人に憧れますね。以上、B面コーナー今回もなんとか「即興」で書けました(笑)。またお会いしましょう!!!!!!

    | - | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。