RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
  • LIVEなしレポート1/15「いいコの日!」なので素直に間違いを認めます!?
    MAUDIE / 松田慎吾 (01/22)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    maudie/松田慎吾 (09/25)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    yazoo (09/24)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    yazoo (09/18)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 8/11&8/12「山とハイツの日!」〜柏から千葉を巡る合間に見つけた盆地テクノの可能性!?〜 | main | 9/5&9/12「キュウゴ(救護)しようもないほどクイツきの悪い日!」〜活動停滞で今年こそ年内引退か!?〜 >>
8/23&24「初見が歯にしみる日!」〜唄の酒場通りには変態が似合う?ジャスミンが香る誕生前夜!〜
0
    8/23(水)新松戸FIREBIRD
    「新松戸唄酒場」

    【TIMETABLE】
    18:30-18:50 林イッペー
    18:55-19:15 大堀トップレス
    19:20-19:40 Jerry
    19:45-20:05 YOSHIO
    20:10-20:30 MAUDIE
    20:35-20:55 James
    21:00-21:25 島津田四郎
    21:30-21:55 田中雅紀

    8月のFIREBIRDは弾き語りDayでした。
    ここのブッキングは本当にいつも濃い人ばかりで店長ダイゴ氏をはじめ、一部ではそういう濃いい人たちを「変態」と呼んでいます。実は今回、別の日に「変態vs正統派」と銘打った日に誘われていたのですが、私はあまり自分を変態とは思いたくないので、丁重にお断りしまして(笑)、代わりに組まれたのがこの日だった、という経緯がございます。

    1504482076433.jpg
    世界的ケーナ奏者のYOSHIO氏、今回も松葉杖の状態でした。怪我が早く完治するとよいですね。私もかつて手を骨折してギブスになったとき、早く元の生活に戻りたいと思ったものです。

    1504482033142.jpg
    「変態」の代表格といっても、本人のパフォーマンス内容からして別に失礼にはならないと思いますがJames氏のこの写真、なぜか周囲がモノクロっぽく撮れてよい感じなので掲載させて頂きます。

    1504482013010.jpg
    四国から来ているという島津田四郎さんという方、まったりと自然に根付いた感じのフォークシンガーでした。8/23だけに私的にはハツミ(初見)ですが、この方は変態とはいえない正統派といえるでしょう。

    来月のFIREBIRDは9/12(火)に決まりました。飛んで火に入る夏の火の鳥は、まだまだ終わりそうにありませんね。

    8/24(木)津田沼Mediterraneo
    「JINTATSUNO BIRTHDAY BASH DAY2」

    【LINEUP】
    [DJ]
    INOMATA
    4
    LambdaCracker(KAWNIBAR / D.M.M.W)
    A0TO(rollinboyz)
    Tak(響)
    エンキョウ亭(カクテルとハイヒール)
    MR.BLACK(BLACK or WHITE)
    [LIVE]
    ジャスミン花子
    MAUDIE

    その翌日、飛んで火に入る夏のBBQ(笑)、今回は日本のインディーズシーンを支えた高円寺Mission's元店長、辰野仁氏のバースデーイベント3daysに直にお招き頂くというご光栄にあずかり、この日は中日の2日目、Mr.ジンタツノ誕生日前夜ということで、バースデーも実はイブが美味しいということを実感してまいりました。こちらは当日のおすすめ品、角切りベーコン串です。別に虫歯ではありませんが初めての味が8/24だけにハニシみる(歯に染みる)思いで美味しく頂きました。
    1504481993103.jpg

    この日はライブが私ともうひとり、ジャスミン花子さんという、とってもヤバいパフォーマンスされる方です。私的には初見でしたがFIREBIRDでも常連だそうで、のっけから「ジャス!」という敬礼にも似たポーズでの挨拶から入り、今回はオケを使っての唄ものでしたが普段はオリジナルの演奏もするとかで、またお会いできる時が楽しみジャス(笑)。私のハートにも見事ジャストミートしてしまいました。そういえば昔、航空会社にJAS(日本エアシステム=通称ジャス)なんてのがあったのも思い出したりして。
    1504481966893.jpg

    今月はメディテラネオに2回も入らせて頂きありがとうございます。辰野さん、改めましてお誕生日おめでとうございます。

    (2日間共通)
    1.Nottemasen
    2.Music Video Blues
    3.Zero Zero March
    4.Monster Smokestacks

    ・・・今回のB面コーナーですが、辰野氏の誕生日前夜、すなわちバースデーイブにちなんで、当日Mr.BLACK氏に無茶ぶりリクエストしようと思った(私の出番のあとがBLACKさんだったから)けどちょっと無理がありすぎるのでやめたという、こちらです・・・


    ・・・1982(昭和57)年5月発売、前年秋のデビューアルバム「誕生前夜〜THE BIRTHDAY EVE〜」に続く、日本が世界に誇るLOUDNESS初のシングル盤「Burning Love」・・・誕生前夜といえば私にとってはやっぱりコレしか思いつかず「きょうは辰野さんの誕生日前夜祭だけど、そういえば昔、誕生前夜って名前のアルバムがあったんだよ。Mr.BLACKさんがかけてくれるかもよ」なんて中途半端な振りをしてしまい今回は申し訳ないことをしたと思います。仮にこの作品を知ってたとしても、アルバムの中の曲だとしたらどれ?という決め手に欠けるのと、多分知らないかもと思ってアーティスト名も言わずにおけば、このままスルーしてくれるだろうと計算していたのもありますが、だとしたらそれは無茶振りにさえならならず意味のない無駄振りだったということにもなりますよね。B面は「Bad News」というミディアムナンバーで、これより数年後の全米進出する直前頃になってから、なぜか日本国内ではセットリストに加えられていたというレアな曲です。A面のバーニングラブの方もあんまりライブで使われた話は当時聞かなかった気がしますが。それにしても全米進出といえば、昔のラウドネスのアメリカでの功績がいかに凄かったかというのは今になって非常に思い知らされる感じです。21世紀になってからの日本のアーティスト(主にロック系)でビルボード200にランクインしたのは数えるほどしかなく、私の知ってる限りではDIR EN GREYが2回、BABYMETALが2回、ONE OK ROCKが今回の「Ambitions」で初、あと全米デビューするとき随分騒がれたUTADA(宇多田ヒカル)でも2回、そのくらいだと思います(ピコ太郎はアルバム出してないみたいだからここに入ってないはず)。他にも見落としていたらごめんなさい。ですが、これらより遥か昔(85〜87年頃)に3回もランクインを記録しているのだから、それもインターネットなどなく情報量の少ない時代に過酷な全米ツアーを何度もサーキットしたのだから、それはもう最大級のリスペクトです。2009年にUTADAの「THIS IS THE ONE」というアルバムが全米トップ100に入ったとき「ラウドネス以来23年ぶりの快挙」としてニュースになったのを見ましたが、アメリカというのはとてつもなく広く、そして音楽に対しては(ほぼ)公正にジャッジを下してくれる国(と私は思う)でもあり、この23年ぶりという年月は、全米で成功することがいかに難しいかを痛感させますが、ここ数年は日本ブームが来そうな兆しも何となくあるような気もするので、現在もなお一度も解散することなく続いているラウドネスの存在がより際立って見える部分もあります。
    彼らはこのシングルから1年後くらいまでに日本国内で人気が急上昇し、カリスマ級のモンスターバンドに成長、日本では敵なしの存在となった上でヨーロッパに進出し、ここでも大絶賛を浴び、満を持しての全米進出、モトリー・クルーやAC/DC、シンデレラやポイズン、ストライパー等とツアーも回り見事に結果を残し、ワールドワイドの地位を確固たるものにしています。今回ご紹介の「Burning Love」は歌詞はもちろん日本語でまだ初々しく、世界に冠たるLOUDNESSのまさに誕生前夜だったといえるでしょう。さらに言えば、この曲はデビューアルバム「誕生前夜」からのシングルカットではなく、B面のBad Newsともども完全にアルバムとは別売りだったのですが、何年前かに誕生前夜がCD化されたときにこのシングル2曲もボーナス収録されたらしいです。こないだご紹介した「はちみつぱい」と同じパターンですね。近年はアナログレコードも注目されてますが、こういう抱き合わせができるところがCDの良いところですよね。
    以上、メタラーを自称する辰野さんにもほんのささやかな誕生日プレゼント、いや、誕生前夜プレゼントとなったかもしれない(全然なってません笑)B面コーナーでした。8月のレポートですが今やもう9月、また近々お会いしましょう!!!
    | - | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.maudiemusic.com/trackback/1005826