RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4/5「しんごの日!」〜死後の世界はアリーmy Love(笑)しかしあったら怖い!?〜
    ナシーyour Hate (04/17)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • 9/21「クドい日!2015〜阿佐ヶ谷COLDジョンソンまつり(仮題→本題)一番クドいのは?〜」
    スカンクちかの (09/23)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    maudie/松田慎吾 (07/09)
  • 7/2「ナツの日!にしては涼しい?」ゼロゼロマーチMV再生1000回達成記念〜3か月間お休みしてすみません
    yazoo (07/08)
  • LIVEなしレポート1/15「いいコの日!」なので素直に間違いを認めます!?
    MAUDIE / 松田慎吾 (01/22)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    maudie/松田慎吾 (09/25)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    yazoo (09/24)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    MAUDIE / 松田慎吾 (09/23)
  • LIVEレポート9/4阿佐ヶ谷Oil City「くしの日!」〜ひっそりとライブ活動再開〜
    yazoo (09/18)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
9/9「きゅうきゅうの日!」〜平成最後の真夏日に平静でいられない熱中症対策として新作MV救急隊出動!?〜
0
    20180913_2274921.jpg
    9/9(日)町田市陸上競技場前 中央駐車場内ゼルビーランド特設ステージ
    FC町田ゼルビア ホームゲームイベント「Z劇場」

    20180913_2274923.jpg
    1、MAUDIE:15:40〜16:00(引退ロック)
    2、LifeTy:16:05〜16:30(チアリーディング)
    3、夢んちゅ:16:35〜17:05(島唄バンド)
    4、FC町田ゼルビア:17:10〜(メンバー外選手トークショー)

    2018 明治安田生命J2リーグ 第32節
    FC町田ゼルビア×水戸ホーリーホック
    町田市立陸上競技場 18:00 KICK OFF

    前週の金沢に続いてまたもJ2ホームゲームイベント、今回は首位争いの真っ最中(当日試合前時点で暫定2位)の町田ゼルビアの「Z劇場」に出演してきました。暑すぎた夏が9月9日に最後の猛威を振るうかのような一日でしたが、せっかくのまたとない良い機会ということで、そういえば町田ならそう遠くないはずと思い立って、以前ZeroZeroMarchのビデオを撮影して頂いたオルガエンタテインメントの有留裕志氏に依頼し、この地にて実に4年ぶりの新作MVの撮影をすることを決意しました。クラブ側と、スタジアムのある野津田公園と、双方に事前に撮影許可を頂き、ライブのリハーサル時間前を利用して、会場すぐ近くの広場で短時間の救急処置的に撮影を行い、さらにメイン映像としてステージ映像も撮って頂きました(音はスタジオ音源ですが)。天候にもバリバリに恵まれ、現在既に制作進行中ですが、とても良い映像ができたと思っております。ステージの模様も見れます(リハーサル画面も少し入ってる)ので是非ご期待下さい。ゼルビアのチャント(替え歌もやったけどラストに正規のパシオンというチャントも歌った)への反応は、まあ寒くもなくあつくもなく秋らしいあきれたような感じ笑でしたが、キックオフ二時間以上も前でまだスタジアムの開門も前という時間でこんなに人が来るんだな、みたいに結構人は多くて、幾つもある長椅子の座席もほぼ満杯でした。しかしこれ、目当てはやっぱりMAUDIEの次に控えていたチアダンスかな?それとも単に開門待ちだったのかも!?
    待ちだ〜待ちだ〜俺たちの町田〜
    松田〜帰れ〜足立区へ帰れ〜♪
    というのはうそ(これ実際に歌ったけどね/そして意外にも好反応w)

    20180913_2274925.jpg
    多くの観衆のお目当てはやっぱりこちらのチアダンスユニット「LifeTy」だったのでしょうか?ちなみにBGMにはアヴリルラヴィーンのWhat The Hellなどが使われていました。金沢のときと同じでキッズダンスチームのご家族が場所とりしてたことは確かなようです。

    20180913_2274927.jpg
    そのあとは島唄にキーボード、バイオリンなど入った「夢んちゅ」さん、町田の地元バンドかと思ったら山梨から来ているそうです。

    20180913_2274933.jpg
    Z劇場はこのあと17時過ぎから選手(主にスタメン外から3人)のサイン会が行われ、徐々にお客さんはスタジアムの中へ移動していきました。

    20180913_2274929.jpg
    私も頂いたチケットで試合を観てきました。MAUDIEゼロゼロ効果が災いしてか!?水戸ホーリーホックと0-0の引き分け、スコアレスドローに終わりました。特に後半押され気味の内容で、何かすっきりとしない印象ではありますが勝ち点1は確実にゲットし、同数で並んだ松本山雅を得失点差で上回り再び首位となった町田ゼルビア。ですが、実はこのクラブにはJ1昇格のライセンスがなく今季このまま優勝しても来年昇格は出来ないのです。相馬直樹監督は「今はJ1で戦えるチームになるための準備期間」と断言しているそうです。昇格ライセンス取得に必要なのはあと数千人分の客席とクラブハウス、練習場だそうですが、来年スタジアム改築の目処は立っているらしく、最短で2020年の東京オリンピックの頃にはJ1で戦う町田を見れる可能性もあります。チームには平戸太貴という東京五輪世代の有望な選手もいてこれからが非常に楽しみです。
    そしてもう一つ楽しみなのが(どこが?)この日撮影したMAUDIE新作MVですが、


    こんなのとか


    こんな風景が見られるかと思われます。


    ご期待下さい。ちなみにこれらの写真は先日、ビデオのロケハンのために同所を下見に訪れたときに撮りました。

    20180913_2274931.jpg
    あと、思いがけず駆けつけてくれた旧友の柴田君にも感謝します。2年前の藤沢Mr.MAXの時以来ですが、今回はご夫人と二人の小学生の娘さん達も来ていただいてます。ホームページをチェックして近くでやると知って来てくれたそうです。本当にありがとうございます。

    今回のイベント出演にあたり、企画調整に再三ご尽力頂きましたFC町田ゼルビア事業部の箕輪様およびスタッフの皆様、猛暑日のなか撮影にあたって頂いたオルガエンターテインメントの有留裕志氏、石塚様、最後まで見て下さったサポーターの皆様、ありがとうございます。
    ビデオの完成が楽しみです。乞うご期待下さいませ。

    1.のってません
    2.引退撤回
    3.Zero Zero March
    4.Monster Smokestacks
    5.PASION(町田ゼルビアサポーター'sチャント)

    ・・・今回のイベント出演ならびにビデオ撮影にあたり、二週間前のホームゲームの日に下見に訪れたことを先述しましたが、その時にZ劇場でTUBEのギタリスト春畑道哉氏がトークショーとサイン会を行っていました。ということでB面コーナーはこちらです・・・


    ・・・1992(平成4)年11月発売、春畑道哉ソロシングル「J'S THEME」
    題名だけではわからないかもしれませんが25年前、Jリーグが始まったときの音楽といえばおわかりになる方も多いことでしょう。その頃生まれてないとか記憶にない方でも、日本のサッカーの歴史映像などでもほぼ必ずこの音楽が聴かれるので、知ってるという人も多いはず。先日最終回を迎えたTVドラマ「絶対零度」でも、25年前に起きた無差別殺傷事件の回想シーンという設定でこの曲が使われてました。そのくらい1993年という時代を象徴する音楽でもあるということです。
    あれから四半世紀後の今年、Jリーグ25周年を記念して新バージョンがCD発売となったのがつい先月で、奇しくも春畑氏が町田市出身ということもあって、私が下見に行ってた8月26日に、たまたま発売記念イベントとして行われていたというわけです。トークショーのあとにCD即売会、購入者対象にサイン会、そのあと試合前のスタジアムでこの曲の生演奏が行われた(それは見てない)そうです。偶然でしたが凄いところに出くわしたものだと、私もすっかり気持ちが高揚して次のホームゲームの時の自分の出番にむけてモチベーション上がりまくったのですが、本当にこの夏はいろんな貴重な経験が出来て良かったです。
    B面(カップリング)は「BORN TO WIN」という、昔スタジアム観戦したことある人なら多分どこかで耳にしているはずの軽快なミディアムナンバーと表題曲のスローバージョン「J'S BALLAD」の二つ。全曲ギターインストのみのシングル盤というのが面白いですね!スローの方も場面によってはよく使われてましたよね。Jリーグも最初の2年間は世間的にも大ブームで、普段の公式戦も地上波テレビでしょっちゅう中継やってました。現在では考えられないことですが、当時の映像というのは一つの日本の歴史の象徴でもあり、昭和30年頃の街頭テレビに映る力道山のプロレスと同じような意味合いがあるような気がします。春畑道哉氏、この頃弱冠26歳にして音楽で国の歴史にその名を刻んだのだから凄いことです。リリースが92年の秋ということは、あの大ブームが起きる前、嵐の前の静けさの中で作られ、この時点ではまだその約半年後のことはきっと誰も予測してなかったでしょうから、いま改めて聴くと先見の明という意味でも素晴らしいと思います。そういえばこれより数年後、フジテレビの野球中継になんかによく使われた「Jaguar」というスポーツテーマもこの人の作品。この曲は少し前にメディ寺でMr.BLACKさんがかけてました。あれもやっぱり熱いギターの旋律がいつ聴いてもテンション上がる名曲ですね。今回の「J'S THEME 〜Thanks 25th Anniversary〜」のCDに欲をいえばこのJaguarも特別収録してほしかったところですが、それはともかく今回ご紹介した3曲はいずれも新しいアルバムに収録されてます(ハイレゾ配信もあり)。他にも1992〜1993年頃の懐かしい音源をリマスターし、J'S THEMEの2018年バージョンも聴けて、さらに嬉しいことにジャケットを開くと、今回私が訪れた町田市陸上競技場の写真がいくつものピンナップ撮影に使われています。機会があれば是非皆さんにも聴いて頂いて、この秋改めてテンション上げてその勢いで「のってません」のMV見て「のってます」してほしいです(笑)。

    以上、B面コーナーでした。
    次回は新松戸FIREBIRDぽんぽこ祭り、そして秋分の日は3年ぶりの「まるグル」今度は東北、石巻に見参いたします!
    では皆様、またお会いしましょう!!!お〜お〜おお〜おおおおお〜おお〜おお〜おおおお〜♪(J'S THEMEより)
    | - | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    9/4&9/5「きゅうし&きゅうごの日!」〜台風でも休止せずしかし救いようのないチキンMAUDIEはもはや旧語!?
    0
      9/4(火)市川真間Almanac House
      「Maggie's Tune!!」
      マイスタースズキ/鍵屋かぎすけ/MAUDIE/小原繁久
      (出演予定だった飯嶋光太郎さんは台風による交通事情のためキャンセルとなりました)

      20180909_2271612.jpg
      大型の台風21号の影響もあり、とても風が強い夜でした。9/4=キュウシの日なんていってたせいで本当に休止になるのかと思っちゃうくらい厳しい強風に一時は諦めかけ、上記のように飯嶋さんが来られなくなったという連絡も入り、休止になるならなるで仕方ないと思いながら市川真間へ移動しました。青砥へのバス、そこからの電車いずれも京成ですが、意外にも普通に動いてました。20:40と、遅めに到着すると先に来ていた鍵屋さんが演奏中でした。

      20180909_2271610.jpg
      私のあとにしばらくして、遅くなるとメール連絡のあった小原氏が到着。結局はほぼいつも通りのMaggie's Tuneとなりましたが、実は今回が平日ラスト。次回からは日曜日開催となります。第四(もしくは日曜が五回ある月は最終)日曜日になるとのことで、しかもその初回はもう今月、9/30(日)からになります。私にとってはアルマナックハウスといえば平日に慣れ親しんだ場所(小原繁久ショウの頃は水曜日)のイメージが強く、何だか感慨深いものもありますが、火曜日から日曜日への移行はむしろ出世みたいなもので喜ばしい部分もあるので、装いも新たに頑張りたいと思いますので、皆様今後とも何卒宜しくどうぞ。今まで平日だと忙しくて来れなかったという人にもおすすめしたいですね。

      9/5(水)Mediterraneo Casa津田沼
      「Pollo!!鳥肉祭り!!」
      ◆Genre
      ALL MIX
      【LINEUP】
      18:30-19:05 スピードタモリ
      19:05-19:40 rainmaker(crash★rock★baby)
      19:40-20:15 Go!Go!Kitarooo!!!
      20:15-20:50 Ken miura(被la夜)
      20:50-21:25 小菅大輔(rollinboyz)
      21:25-21:45 [LIVE]MAUDIE
      21:45-22:20 Tatsuhiko(NEW+ROMANTIX)
      22:20-22:55 桐生哲史
      22:55-23:30 まっつ(まっつthe wey!!)
      23:30-24:05 DJ TAKA!(CLUB TAKA! / ロックンロールレストラン)

      20180909_2271614.jpg
      9月もメディ寺にやってきました。今回は自身のバースデーBashから10日ほど後の辰野仁氏より直にお誘い頂きまして、鳥肉メニューが100円引きというチキン祭りに唯一のライブ枠として出演してきました。9/5=きゅうごの日だけに私が救いようのないチキン野郎だからJintatsunoさんが救護してくれたようなものですね。あと、まっつさん色々お話しできてよかったです。特にELLEGARDENの「虹」は私も大好きな一曲で、かつて携帯着信音に使ってた(♪僕らはまた〜今日を記憶に変えていける、の部分をメール着信に)のですが、この曲はある日の野外フェスでステージから実際に見た虹をイメージして作ったという逸話があり、その時共演していたのがASIAN KUNG-FU GENERATIONやSTRAIGHTENERだったというのも有名な話なので、この曲のあとにアジカンやストレイテナーをかけたり、などDJにも曲から曲の流れや関連性を重視している、というお話が興味深かったです。生演奏だと、こういう流れは説明があっても結構安っぽく聴こえてしまうのですが、DJだとわかる人にはわかるし、わかんなくても別
      によくて楽しめるならなんでもいいのだから大いにアリですね。エルレの「BRING YOUR BOARD!!」CD帯に書いてあった「カッケーなら何でもいーよ!」ていう、まさにそれですね。虹が入ってるのはこのアルバムじゃないけどね。

      20180909_2271616.jpg
      せっかくの鳥肉祭りなので、タンドリーチキンを注文してみたら、なかなか出てこない。オーダー忘れ去られてないかと仁さんに聞いたらタンドリーは特に時間がかかるとのこと。ようやく出来上がったものを頂いたところとてもよく焼けて適度にスパイシーで非常に美味しかったです。待ったかいありでした!ありがとうございます。次回メディ寺はなんとクリスマスイブまで現在のところ予定はありませんが、たぶん今回みたくまた近いうち呼んで下さるかも??いや、ないかも?

      (両日共通)
      1.Love Me Tender〜Go Ahead!(MAUDIE引退スペシャル)
      2.のってません
      3.引退撤回
      4.Zero Zero March(9/4はフル、9/5は短縮バージョン)
      5.Monster Smokestacks

      B面コーナーは恐縮ながら最近、追悼の意を表しネタに使わせて頂いているこちらです・・・

      20180909_2271618.jpg
      ・・・1990(平成2)年4月発売、BBクイーンズ1枚目にして最大のヒット曲「踊るポンポコリン」リメイクでもカバーでもない初回盤は懐かしの8cmCDシングル、しかもプラケース入りでした。
      1990年という時代の象徴でもあり、時代を超越したちびまる子ちゃんの不動のテーマ曲でもあり説明不要ですが、私がこのB面コーナーを始めた頃、踊るポンポコリンのB面曲(この頃はもうCDだからカップリングという意味)って何だったか誰か知ってます?って阿佐ヶ谷オイルシティのライブの時聞いたら手を上げた人がいたのを覚えていますが、その答えを聞いてはいませんでした。「ゆめいっぱい」という、なんとこれがちびまる子ちゃんの初代テーマ曲だとか。関ゆみ子さんという人が歌っていた初代テーマをBBクイーンズがレゲエ調にカバーしたのが、このシングルのB面でした。私これ、今回はじめて知りました。さっきのエルレと同じでこれも知ってる人はとっくに知ってる有名な話なのでしょうけど、スタート当初のオープニングはこのいかにも平成初期J-POP的な「ゆめいっぱい」で、踊るポンポコリンはエンディングテーマだったとか。
      それと余談ながら、私は近藤房之助さんがこのグループよりずっと前にやっていたブレイクダウンのライブアルバムにけっこう影響されています。ポンポコリンが大当りする10年前、1980年頃のライブですが、リハーサル音源が入っていて、しかもその時演奏した曲はあくまでリハ用で本番では使わない、さらには、ミキサーさんに「すいません、ボーカルのマイク、トレブル(高音)を少し下げてください、トレブル!」と言う声も入っていて、ここが大好きなのです。これ聴いて以降、私もリハーサルで本番に使わない曲をわざとやったり、ボーカルマイクの高音を抑えて頂くようミキサーさんに注文出したり(実際私が使っているREXERの骸骨型マイクは高音に弱くハウリングしやすい)するようになりました。
      以上、B面コーナーでした。
      平成最後の夏も終わろうとしていますが、MAUDIE引退騒動はまだ終わりません(笑)。ちびまる子ちゃんの舞台、静岡県清水市(現在は静岡市清水区)は私の家族ゆかりの地でもあり、さくらももこ先生の御冥福をお祈りしつつ、僭越ながら歌います。

      ♪いつだって 忘れない
      MAUDIEは 年内で引退
      そんなの〜撤回〜
      やっぱやめない
      MAUDIE引退 すぐに撤回
      MAUDIE引退 誰も信じない
      MAUDIE引退 ロートルいらない
      言った言わない
      MAUDIE引退 真っ赤な嘘
      MAUDIE引退 誰も驚かない
      MAUDIE引退 もう聞き飽きたよ〜

      大変失礼しました。またお会いしましょう。
      | - | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      9/1「くいの日!」〜クイ入る情景の古都金沢でクイの残るDISチャントに出るクイ打たれる!?〜
      0
        9/1(日)石川県西部緑地公園陸上競技場前噴水広場
        ツエーゲン金沢ホームゲームイベント
        (明治安田生命Jリーグディビジョン2 第31節 ツエーゲン金沢×東京ヴェルディ)

        20180902_2266492.jpg
        MAUDIE19年の歴史のなかでも史上初、スポーツ会場での試合前イベントにライブ出演となりました。野外ライブはこれまで何度もやってきましたが、ついにこの時が来た、この時を待っていたという感じでした。 しかも客席満員。理由はどうあれ(たぶん私のあとがキッズチアダンスチームの出番で家族の方々が場所とりしてたからでしょう。その証拠にツエーゲンの赤いユニホーム着てる人少なかった笑)、これももちろん(笑)MAUDIE史上初です。
        課題としては、普段のライブでは軒並み好評を得ている例のDISチャントが、スタジアムでのチャントに慣れている本物のサポーターの方々に果たして通じるのだろうか?という点につきます。それについては当日まで不安ではありましたが、基本的にいつも通りを貫いて通じた、という印象でした。やはり自分のやってきたことに間違いはなかったのかと、これでようやく着地点が見え始めたか!?といったところです。もちろん、いつもの路線だけではなく「ツエーゲン金沢!」のコールを入れたりサポーターズチャントを一緒に歌ったりもして、やはりそれは好反応でしたが、但し、良くなかった点もあります。それは、チーム期待のMFに毛利駿也という選手がいて「MAUDIE引退!」と言ったら「毛利引退!」と聞こえたようで、ライブ終わったあとでたまたま近くに立っていたところでサポーターさんたちの話し声が聞こえたのでこちらから声をかけたら「あれはあかんよ」と突っ込まれてしまいました苦笑。
        あとで試合観たら、この毛利選手、若くてとても動きがよく、コーナーキックも蹴ってたしサポーターとしても非常に頼れる存在のようです。そんな人に引退などといえるわけないでしょう。よくわかりました。サポーター違いですが私も手首にいつものサポーター(リストバンドね)巻くの忘れてたことも唯一悔いを残す要素でしたが、出る杭は打たれる要素もここにあったということですね。まさに9/1クイの日だけに。

        20180902_2266494.jpg
        この日のイベントは終始盛況で賑わっておりました。土曜日ということもあってか、キックオフの2〜3時間前でも結構大勢の人が集まるものなんですね。写真はMAUDIEの直前に行われたチームマスコットの「ゲンゾー」によるじゃんけん大会。横にいる黒づくめの人は裏マスコットとして試合前やハーフタイムに横槍を入れてくる悪役キャラの「ヤサガラス」ですが、サポーターのなかにもこのヤサガラス仕様の黒装束の人たちがいて、この方々はMAUDIEもフルに観ていって下さいました。悪のキャラはやっぱり善い人の裏返しなのかしら!?

        20180902_2266498.jpg
        地元のBリーグ「金沢武士団(カナザワサムライズ)」の皆さんもトークショーを行いました。終了後は選手自らチラシ配りもしてました。プロバスケ選手だけに近くで見ると大きいですが、中には普通くらいの人もいました。

        20180902_2266496.jpg
        太鼓の生演奏はもちろん地元の方々。ツエーゲンへの熱いエールを送っていました。

        20180902_2266500.jpg
        あともうひとり、地元のパフォーマーでかなりヤバイ人がいました。サッカーのユニホーム(バルセロナのを着てすぽるとマンデーフットボールのアナウンスで登場という演出)からBzのウルトラソウルをバックに水着に変身して最後はステージ後ろの噴水池にムーンサルトでダイブするという、身体能力も驚異的で疾風怒濤のごとく去って行きました。世の中広いですね。MCをしていた「ほくりくアイドル部」の宮村優希さん(写真右)、facebookに是非記事アップお願いします。それにしても、私の演奏のとき写真とってた人けっこういたけど、どれか一枚でも見せて頂けたら幸いです。誰かこれを読んで思い当たる方は
        https://facebook.com/shingo.matsuda.925
        まで、ご一報願います!

        20180902_2266510.jpg
        試合の方はツエーゲンに惜しいチャンスが何度もあったものの決めきれず、逆に決定機を止められた直後のカウンターで失点し、1-0でヴェルディの勝利。残念ではありますが、金沢駅と往復する送迎バスの中にも緑のサポーターさんがたくさん。東京からこんなに来てたんだなというくらい大勢でした。ヴェルディといえば、あの黄金時代を連想する人も未だに多いと思いますが20数年前のあの頃、入手困難だったチケットを頂いて観に行ったこともあり、その後も、あのエムボマがいた時とか、J2になってからも仕事絡みで行ったこともあるし、旧友との関係でチーム広報の方と飲みに行ったこともあったりして何かと縁があります。

        20180902_2266502.jpg
        金沢といえば古都のまち。イベント翌日にはしっかり観光もしてきました。金沢城趾、そしてかの有名な兼六園も。時期もよいし天候にも恵まれ、しばし幸せな一時でした。
        20180902_2266504.jpg

        20180902_2266506.jpg
        そして9/1=クイの日に悔いを残さぬようクイしん坊の部分もしっかりおさえる辺りが最近旅なれてきたせいかも!?金沢の魚といえばこの「のどぐろ」のお寿司が有名ということで、駅と兼六園の中間くらいにある近江町市場というところで頂いてきました。

        20180902_2266508.jpg
        こちらは同じく近江町市場にある「チャンピオン」のカツカレー。地元で有名なB級グルメです。

        このような市内観光にあたって、本来ならギターケースを背負って歩かなければならぬところを宿泊先のゲストハウスの方が「大変でしょうから置いてって」と、チェックアウト後にもかかわらずギターなどの荷物をお預かり頂き、おかげでゆっくり楽々と散策を楽しませて頂きました。ゲストルームでの談話も楽しかったです(ドイツから来た20歳の女性客のかたと英語で話したりするうちにジャーマンブレッドをご馳走になりました)。Nagondeの皆様、ありがとうございます!

        1.Zero Zero March
        2.のってません
        3.引退撤回
        4.Monster Smokestacks(MAUDIE帰れ!ツエーゲン金沢バージョン)

        ・・・B面コーナーは、やっぱりこちらで・・・


        ・・・2015(平成27)年2月25日発売、金沢で結成され石川県の地域密着型バンドとして15年間活動し続けるSeattle Standard Cafe'によるツエーゲン金沢公式応援ソング「アイラブ金沢〜ツエーゲンのテーマ〜」

        このシングル、ちょうどツエーゲンがJ3からJ2に昇格したのと、北陸新幹線が金沢駅まで開業したのと時期が重なったため北陸新幹線のキャンペーンソング「アイラブ石川」と同時発売になったのだそうです。
        カップリングには同曲のカラオケと「ツエーゲンのテーマ〜静かなる闘志〜」という別バージョンとこの「シアスタ」の楽曲「SHINING」のツエーゲン金沢バージョン、の全4曲で価格は1000円と、私のように初めて金沢のスタジアム生観戦してツエーゲンサポーターの熱さに触れた方には興味深々の一枚でございますね。今回MAUDIEの出演したホームゲームイベントでも、これまでにシンガーソングライターさんやアイドルさんの数多くがこの曲をカバー演奏しているらしいです。♪おっおおお〜おおっお〜というチャントっぽいコーラスも入り、ある意味定番になっているようですね、実際私の出たときも会場BGMで使われていましたし、ほくりくアイドル部さんも歌ってました。ちなみに、私が先述のようにサポーター'sチャントを「本物」の方々と一緒に歌ったのはこれでなく「ココロはひとつ」というやつで、私はこの歌、ブライアン・セッツアーのクリスマス・アルバムでよく知っていたので、使うならコレだなと思って、ちょっと自信なかったけど思い切ってサポーターの歌詞にあわせて歌ってみたらツエーゲンの赤いユニホーム着た人がちらほら一緒に歌っているのが聞こえてきてほっとしたというか、やっぱり嬉しかったですね!この曲「Angels We Have Heard On High」=あら野の果てに、という賛美歌がもとになっており、クリスマスによく聞かれることで有名、だと思うのですが。コレをチャントのネタにした人、なかなかのセンスですよね。その他、今回のヴェルディ戦でスタジアムで聞いたチャントの数々、松田聖子さんの「青い珊瑚礁」や小泉今日子さんの「スターダスト・メモリー」、さらにはグリーン・デイのBasket Caseを使ってるのもあったり、かつてヴェルディも川崎時代に使ってたスタンダードThe Entertainerもありました。ココロはひとつはこの日は歌われませんでした。ので、試合も負けちゃったけど、代わりにMAUDIEがやってくれたのでよかったのかな?なんてことはないか。大変失礼しました。お詫びに歌いましょう。

        ♪お〜声を出せ〜飛び跳ねろ〜心はひ〜とつ
        俺ら金沢〜
        ら〜ららららら〜ららららら〜ららららら〜らら
        お〜れ〜ら〜か〜な〜ざ〜わ〜

        ・・・以上、B面コーナーでした。9月はライブ目白押しのMAUDIEまつりになります!!こんどの水曜日9/5にメディ寺も決まったし、もう大変なことに!?期待と不安入り乱れる混沌のなかではありますが、やっぱりこれからも一つ一つが超楽しみです。またお会いしましょう!!!
        | - | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        8/24「ハヅシの日!」〜誕生前夜祭のメディ寺で調子はづしまくり嬉しはづかし終電外し!?〜
        0
          8/24(金)
          津田沼メディテラネオ
          GOLDEN BLACK Vol.4
          Jintatsuno Birthday SP
          20180830_2264606.jpg

          【タイムテーブル】
          18:00-19:00 MR BLACK
          19:00-19:30 KUME
          19:30-20:00 マサシ(ザ☆ペラーズ)
          20:00-20:20 【LIVE】安田ボンバー(安田ボンバーExplosion)
          20:20-20:50 DJ嫁の金(MIDNIGHT RUN)
          20:50-21:10 【LIVE】MAUDIE(MAUDIE引退審議委員会)
          21:10-21:40 Sadakick
          21:40-22:00 【LIVE】てくのオジさん(モジュラーシンセ)
          22:00-22:30 まっつ(まっつ the wey!!)
          22:30-23:00 こなつ(おまえらたまにはこっちこい)
          23:00-23:30 MR BLACK
          23:30-24:00 jintatsuno(MediTech)

          20180830_2264608.jpg
          今年も辰野仁氏のバースデーイベントに呼んで頂いて大変光栄にございます。正確には8/24は前夜祭で、誕生日の8/25は明けて深夜0時から朝までそしてまた夕方から夜いっぱいまで延々とDJパーティーが続いていたようです。私は終電で帰らなければならず残念でしたが、誕生日がスタートする0時には辰野氏自らがDJブースに入るとあって、いつもなら23時過ぎると徐々に人が少なくなっていくのに対し、この日は金曜夜ということもあって最後まで大盛り上がりでまさに私的に最後はリアルMAUDIE帰れ!チャントの中でメディテラネオをあとにしました。実は最近スマホの電池も消耗してきているようで減るのが速く、ライブやる前後の時点で既に10%を下回っており、へたに検索したり動画見たりも出来ない状況にまで陥っており、写真の方も、

          20180830_2264610.jpg
          こんなブレブレのものしか残っておらず、いつもながら申し訳ないのですがMr.BLACKさんがアップしているものを引用させて頂いております。

          20180830_2264612.jpg
          ちなみに赤いの着ているメガネのDJさんが新宿から来たSadakickさん、選曲が個人的にツボだったのでうれしさのあまり歌いまくってしまいました。上から二番目の連続写真の左上端に写っているのはWANIMAの「切手のないおくりもの」がかかっているときに皆で大合唱しているときのSadakickさんとそのすぐ手前で歌っている私です。この曲はカバーですけど、間奏もイントロもエンディングもない短い曲だけどWANIMAの楽曲のなかで一番大好きです。まさかこれがくるとは予想してなかっただけに。あと、その一つ前ですけど私の出番も場のテンション高さに少々舞い上がってしまい、ハーモニカホルダーの留め具が緩んでいることに気づかず演奏が調子っぱずれになってしまいその点は悔いを残しました。しかし、そんなこと忘れてしまうくらいに楽しめるのがこのメディ寺の凄いところ。聖誕祭とあってDJも精鋭揃いなのでアガる選曲が相次ぎまさに真夏の競演といった感じです。てくのオジさんともすっかり顔なじみになりましたが相変わらずの電流バチバチやばすぎな感じで、こな松さんはコラボせず別々にマワしてました。あと、安田ボンバーさんステージ見れなくて申し訳なかったです。元気な弾き語り次回いつか是非拝見したいです。BLACKさんの途中で仁さんがブースに入ってきたあたりでタイムリミットいっぱいとなってしまい、リアル帰れコール笑のもとメディ寺を後に津田沼駅に向かい、西船橋乗り換えで武蔵野線最終に間に合わせたまではよかったものの、誕生祭があまりに楽しくシャンパンやイエガーで何度も乾杯してやや燃え尽きたか?この車内で寝落ちしてしまい、新三郷から引き返したものの終電でたどり着けたのは松戸まで。翌日の仕事は昼間からだったので、少し頑張って新葛飾橋を歩いて渡り、水元公園を経由して何とか歩いて帰りました。こんなことがあっても既に五日も前となった今では楽しい思い出となりました。やっぱりメディ寺はごリヤクいっぱい(それは前回か)で凄いところですね。皆様ありがとうございました。Jintatsuno氏、改めましてお誕生日おめでとうございます!

          1.のってません
          2.引退撤回
          3.DA-SAY
          4.Monster Smokestacks(MAUDIE帰れ!誕生日お祝いバージョン)
          5.Zero Zero March(余った時間でダイジェスト版ハーモニカ無し)

          ・・・B面コーナーはやっぱりこちらです・・・

          20180830_2264614.jpg
          ・・・2016(平成28)年8月発売、ちょうど2年前になるんですね。WANIMAの4曲入りマキシシングル「JUICE UP!!」

          これの3曲めが「切手のないおくりもの」です。オリジナルはTULIPの財津和夫氏でNHKみんなのうたのために作られ1978年に最初の放送以来、何度もリメイクされその再放送も繰り返され、また多くの人にカバーされているそうです。「♪私からあなたへ〜」という歌詞が柏レイソルの「柏から世界へ」というサポーター'sチャントの元ネタにもなってるほか、平井堅、つじあやの、小野リサ、それから玩具ジャズのROCOなどのカバーバージョンも聴いてみたいものですが、このWANIMAバージョンが現時点で私にとっては最高傑作といえます。
          WANIMAは3年前の夏にラジオで知って以来、アルバムは2枚出てるけど両方持ってないものの、昨年春に出た「GOTTA GO!!」までシングルは毎回買ってました。切手のないおくりものはそもそも中古車雑誌「カーセンサー」(私も昔よく買ってた)のCM用に録音され、メイキング場面などを入れたMVがCD発売から半年くらい前の冬場に動画配信されていて、その頃何度も見てすっかりハマってしまいました。このように、まず動画→何度も観る→CD欲しくなる→何ヵ月後かに発売決定→買いにいく、のパターンが構築されたのが大体今から2〜3年前の話で、僕的にはこの曲のCD化は本当に嬉しかったです。なので、MAUDIEもこの秋、こういう現在の王道リスニングスタイルを踏襲する形で新たにMV作成に取り掛かる予定でおります。ご期待下さい。
          私にとってはこのCDの4曲中、3曲目の切手の〜がA面みたいなものですが、カップリングの他の3曲もこれまたWANIMA王道パターンでもあります。ライブで欠かせない「ともに」から始まり、次にお得意のマイナーコードを使い韻も踏んでる「オドルヨル」ラストにちょっと寂しげな出だしからシンガロングに移行して泣かせるフレーズで締める「for you」全4曲で完璧ともいえる構成ではないでしょうか。アルバム聴いてないくせに偉そうに云うなこのヤローて感じですが、アルバム欲しいけどまだ買ってない理由は...やっぱ高いからかな(失敬)。それにしてもDJイベントで曲かかっただけで充分盛り上がるのだから、本人たちのライブがスタジアム級にのし上がるのも当然ということがよくわかります。こういう人たちって世の中のたくさんの人々に生きる力を与えているのだから、音楽やる意味が大いにあるわけですよね。何いってんだと思うでしょうが、ガラガラのライブハウスでいつまでも演奏することに意味があるんだろうかと長年思い続けてるから、音楽やる意味というものを考えてしまうわけです。ここ1年くらいの引退ネタも「やる意味ないなら辞めちゃおうかな」という発想からきているわけで。色々込み入ったことも書いてすみませんが、以上、今回は殆どネットも調べずYouTubeも見直したりせずに書けたB面コーナーでした。
          次は金沢に行ってきます。天候もちょっと心配ですが、お楽しみに!!!
          | - | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          8/12「ハイニなる日!」〜真夏のレコ発アニマルファームでハイになれ灰になれ真っ白になって引退シロ!?〜
          0
            1534721809212.jpg
            8/12(日)新松戸FIREBIRD
            THE ボニクラマン×FIREBIRD presents
            "THEボニクラマン「Animal Farm」Release Event"
            OPEN 14:30
            START 15:00
            ACT
            ・THEボニクラマン
            ・幽霊会社みちづれ
            ・ハラシン&フレンズ
            ・地球がくそやばい。
            ・SoberBrown
            ・The Memphis Bell
            ・oookay!!!

            【レッドステージ】
            ・MAUDIE
            ・今泉まな
            ・とーまTHEまえん

            【手相占い】
            ・Ryu-Chang

            15:00-15:20 とーまTHEまえん
            15:25-15:50 oookay!!!
            16:05-16:30 The Memphis Bell
            16:45-17:10 SoberBrown
            17:15-17:35 今泉まな
            時間調整・休憩
            17:55-18:20 地球がくそやばい。
            18:35-19:00 ハラシン&フレンズ
            19:05-19:25 MAUDIE
            19:35-20:00 幽霊会社みちづれ
            20:10-20:40 THEボニクラマン

            1534937432667.jpg
            3月の地球がくそやばい。企画のときにご一緒させて頂いたTHEボニクラマンのお二人、あれから一ヶ月後くらいに早々と、8月にレコ発をやるので出ていただきたいとのご指名が(ダイゴ店長を通して)あり、今回のはだいぶ前に決まっておりました。ラインアップ的にも非常に充実しており、猛暑にめげず気合い入りまくりで臨みました。

            1534911279095.jpg
            この日二組めのoookay!!!は約2年ぶり久々の対バン、あちらも覚えてくれていたのが嬉しいです。オカさん(岡さんそれとも丘さん?)という実の三兄弟、なのでこのネーミングだそうで。血縁に勝るものなし、解散はあり得ないでしょうから頑張ってほしいものです。以前よりファンキーな感じのオリジナルに今夜はブギーバックをMASH UPしたりなど、あとおしゃれなステッカーがいくつものカラーバリエーションで無料配布されており、私は水色のものを一つ頂いてハーモニカのケースに早速貼りました。これで忘れ物なし、チェック用にoookay!!!といった感じで使いたいと思います。

            1534942637810.jpg
            The Memphis Bellさん、名前だけで興味津々でしたがある意味では期待どおりのオリジナル主体のブルースでした。一曲目にBBキングの「How Blue Can You Get?」でつかみを押さえてきたので後でその話をしたら「あの曲知ってるんですか!?」と驚いてました。そういえばこの手のライブシーンの人たちってこういうの知らないってことなんですね。「出るとこ出たら皆知ってる曲ですけど」と答えましたが、気づけば私自身もブルース界隈から遠ざかっている証拠でもあるともいえなくない?なくないこれ?なくなくなくなくなくなくない?(←悪のり)ここでマッシュアップいらないよね(爆)。

            1534911353386.jpg
            今回のもしかしたら最大の収穫はこれかも?Sober Brownという、名前だけでは想像もつかないですが、凄腕のギターにこれまた超絶オルガンが絡むスリリングなサウンドにしばし魅了され、後でCD買おうかと思ったのですが、今回はボニクラマン最優先とさせて頂きました。すみません。でも本人たち曰くFIREBIRDにはいま月二くらいのペースで出ているそうなのできっとまたお会いできることでしょう。

            1534911395860.jpg
            私的にすっかりお馴染みになりました地球がくそやばい。今回はセットリストにも変化がみられ、以前ラストにやってたバラードを頭に持ってきて、レコ発とか自主企画ではそのあとのアンコールで大いに盛り上がる「スライム」が早くも二曲めで、あとは新曲主体の構成でしたが、とくに最後にやってたヤーレンソーランってやつが面白いですね。ギターの寺町くんが夏らしくスッキリ坊主頭になっておりました。あとドラムのメガネ君がこのたび脱退するという残念なお知らせもあり、この日は新松戸ラストであと一回他所でやったら「引退」だそうです(笑えない)。理由は存じませんが彼も地球。のキャラの一端を担っていた存在だけに非常に惜しいです。

            1534911434823.jpg
            こちらも毎度ご一緒させて頂いております幽霊会社みちづれの皆様。今回ドラムなしという異例の布陣でレアな感じでしたがそれでも社長のキレっぷりが劣ることはなく、これまたセトリを大きく一新して少し違う一面を見せてくれました。ドラムいなくても珍しくベースの方が入ってました。人が色々入れ替わるところが、流石は幽霊会社!?(人間だって)

            1534721861313.jpg
            そして最後はもちろんTHEボニクラマン。見たところ、レコ発だからといって特別なものはなく、よい意味で普段通りを貫いたという印象です。個人的にはまだ二回しか見てませんが、そう思いました。「パンクロックは好きかい?」ていうのが決めの文句になってますが、そんなにパンクって感じでもなく、RCとかイエローモンキーとかのオールドスクールR&Rに近いです。実はいま聴きながらいるのですが、以前書いたチャゲアスの要素は一切ありませんでした(笑)。しいていえば歌い方がにてるかな?いやいや失礼致しました。

            1534721826297.jpg
            あと、とても気になるのがこのCDの裏ジャケット写真、今回のライブフライヤーにも使われてますが「謎の女子会」の正体は、とある居酒屋だかレストランのホームページの宴会PR用の写真を引用したのだとか。無許可でそのまま顔を出してしまったらマズいとジャケットのデザイナーの方に言われて目と口を加工したらしいです。しかし、そもそもこの写真を使おうとした真意がわからないところがまた面白くて個人的にはとても気に入っております(笑)。表ジャケットのほうはマザー牧場だそうです。表裏どちらもなかなかのセンスでGoodです。帯付きながら値段どこにも書いてないので聞いたら基本は1000円だけど投げ銭でよいと言ってました。まあそう言わずせっかくのレコ発ですからと私は1000円払って買いましたが、今後の物販のときは値段を定めず投げ銭にするという方針なのかもしれない、これもまた一つのナイスな手法ですね!

            1534937527119.jpg
            この他、空手とかキックボクシングとかやってそうなごつい体で声の張りがよい「とーまTHEまえん」さん、派手な外見とは逆に強烈な自虐的退廃的弾き語りの「今泉まな」さん、本格的ブルースハープをフィーチュアしながらも楽曲はTUBEみたいな夏向きのファンキーなJ-POPを歌う「ハラシン&フレンズ」さん
            (写真上)、以上計10組という大所帯でレコ発に華を添え、暑すぎる真夏の競演は30分近くの時間押しがあったにもかかわらず、元々早めのスタート〜終了の設定だったので打ち上げも帰りも通常よりかなりゆったりでした。ボニクラマンさん改めて発売おめでとうございます。スタッフ並びに出演者の皆様、そしてご来場のお客様、ありがとうございます。一日お疲れ様でした。
            1534721843442.jpg

            1.Intai Tekkai
            2.Da-Say
            3.Nottemasen
            4.Zero Zero March(ダイジェスト版 featuring のんちゃん音頭MAUDIEバージョン=撤回音頭)
            5.Monster Smokestacks(MAUDIE帰れ!featuring MAUDIE USA)

            B面コーナーは、この日の長丁場にDJと進行MCを務めた岩手産のスカイツリー(髪型がスカイツリーのマスコットに似ているため)ゆっこさんへのオマージュとしてこちらです・・・


            ・・・1966年7月発売、ダイアナ・ロス&シュープリームスの「You Can't Hurry Love(恋はあせらず)」
            ★ゆっこ(岩手産のスカイツリー)★さんがかけたのはこれじゃなくて同曲をフィル・コリンズがカバーしたやつ(1982年のヒット)でしたが、今回はあえてオリジナルの方を。 何やかんやでこのB面コーナーも5年も続けているため、最近は当ブログで前にも一度ネタにしたかどうか自分でも忘れてしまうまでになりつつありますが、以前ラジオやってた頃に、放送日が9月10日だったため、その日の全米ナンバーワンヒットというのを調べたら1966年のこれが出てきたので、放送でかけようかと案じたことがあった気がします。かつしかエフエムの月いちをやる前に世田谷FMで一回だけ番組やったときでした。2011年の秋だから、もう7年前ですか。結局その時はこの案は採用されず、代わって9月10日に発売された曲、ということでニルヴァーナのSmells Like Teen Spiritをかけ、その日かけた他の曲(ケイティ・ペリーとかだったのを覚えている)とまとめてプレイリストとして各曲ジャケット画像付きでこのブログに掲載したのが、のちのB面コーナーの原点だったような気がします。
            あと、この曲といえば前回のメディ寺のとき、Hi-STANDARDがカバーしたバージョンを同じくハイスタのはじめてのチュウのあとにかけたら意外と反応悪かったって話を書きましたが、2016年の再結成後のカバーミニアルバムはこの曲も含めて私的にはとてもお気に入りでしたので、発売当時やはりこのB面コーナーに書きました。実はこの「恋はあせらず」本当はYUCCOさんのかけたフィル・コリンズのバージョンの方が好きなのですが、ハイスタのPVでメンバー3人がシュープリームスのコスプレで登場していたので、やはりこちらをご紹介することにしました(それはあまり関係ないけど笑)。
            B面は「Put Yourself In My Place(そばにおきたい)」だそうで、こちらはミディアムテンポの乙女チックなめおとチックなワンステップUP(それはヌンチャク懐かしい!て違うから)なナンバーです。以上、いつも「そばにおきたい」?B面コーナーでした。2011年から7年ということは震災から7年。しかし復興はまだまだ、ということで、ことしも東北に行くことが決まりました。9/23ですが、また詳細お知らせします。
            次回は8/24(金)津田沼メディ寺にて辰野仁さんのバースデー(イブ)イベントです。お楽しみに。おおおけい!!!
            | - | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |